第6回集英社ライトノベル新人賞最終選考結果発表!

厳正なる審査の結果、以下1作品が受賞となりました。

特別賞

『この生まれ変わった世界で』神庭 武敏

最終選考作品 ゲスト審査員講評はこちら

受賞者コメント

この生まれ変わった世界で

神庭 武敏(かんば・たけとし)(28歳)
【著者プロフィール】
1988年生まれ。茨城県出身、在住。
【受賞コメント】
はじめまして、神庭武敏と申します。
受賞しましたよって連絡をいただいて、電話を切って呆然とすることしばし。ふつふつと懸念が浮かんできました。授賞式あるって言ってたよな?
「・・・着ていく物どうしよ」
多分正装しなきゃならないんだけど、持ってるスーツが軒並み体格に合ってない!なぜってそりゃあ、体重に変化があったからです。
増えたんじゃないんですよ。
減ったんです!
20㎏も!
ダイエット成功の弊害がこんなところに・・・!
というわけで、これから買いに行こうと思います。こんな悩みを持てるのも、第6回集英社ライトノベル新人賞特別賞という素晴らしい賞をいただけたおかげであります。拙作を評価していただいた方々に、深くお礼申し上げます。
【作品あらすじ】
超コミュ障。ブスデブ喪女の四重苦。そんな佐藤光に異世界転生のチャンスがやって来た!
胡散臭い神さまに疑惑の目を向けつつも、定番設定の数々にわくわくせずにはいられない。そんな光が選んだ転生特典は、天下無敵のコミュニケーション能力。
――今度こそ、友達を作りたい!
そんな思いを胸に、光は魂が抜け落ちる病『魂抜け病』から生還した10歳の女の子、エリシアとして生まれ変わった。
魔法の才能を認められ、王都の魔法学園に通うことになるが、入学初日に殺人未遂事件を起こし停学処分となってしまう・・・けど、友達はできたので結果オーライ。念願のリア充ライフを謳歌する。
そんなある日、魂抜け病の王女さまクラリスと出会ったことで事態は一変する。コミュ力を使って助けたはいいが、なぜか天使と勘違いされてしまい追われる身となってしまったのだ。厄介事はご免なのでさっさと逃亡を決意し、名前もソルトに変えて冒険者として生きることにする。
新たな土地でもコミュ力のおかげで楽しくやっていたのだが――ある日見かけたなんの変哲もない調査依頼が、ソルトと冒険者仲間をかつてない危機に陥れる・・・!

これは心から友達が欲しいと願った女の子が、二度目の人生を頑張る物語。

これまでの選考結果へ

TOP